誰かに聞いてほしいひとりごと

ひとりごとだって誰かに聞いてほしい

この手で稼ぐ

さいきん

階段から落ちて手を怪我してしまった。

私は胃が弱く、胃痛が激しく早退してしまった。

 

身体の負傷が続く。

 

私の仕事はネイリストなので手のけがは結構致命傷。

怪我してなかったら、進めれてたメニューが何個あっただろうか。

 

私は過去、アレルギー性紫斑病、胃潰瘍になったくらい胃が弱い。

だから、会社の飲み会にもあんまり参加したくないし、食べろ食べろとたくさんご飯がでてくる実家にもあまり帰りたくない。

 

体調が悪く早退した時間が1時間。

冷や汗をかきながら施術し、お客様に迷惑をかけた施術時間。

効きもしない市販の胃薬が1000円。

体調を復活させる為に何も出来なかった休日。

 

この手があったら、どれだけ稼ぐことができたか。

私の考えだけど、稼ぐ=お金をもらうことというより、私は技術も含め私の時間価値を高めること。

 

その為に必要なものは、大切なこの手に限る。

それを痛感したこの1週間。

 

今後の時間価値を知る1週間。

 

反省ですな